【WordPress】UpdraftPlusでバックアップ!保存先はGoogle Driveにしてみた


UpdraftPlus01

WordPressをログインすると
更新をしないといけないことが多いですよね。

WordPressのバージョンアップ

プラグインの更新

テーマの更新

などなど……

更新はワンクリックでできるのですが、
更新してしまうと

もしかすると
何かしらの不具合がでることもあります。

そんな時、元に戻したい場合
バックアップが必要ですよね。


あかり

WordPressのテーマ更新したら、サイトのデザインが崩れちゃった!


あおぞら

バックアップしてる?


あかり

バックアップしてなかった……


あおぞら

次回に備えてバックアップしようよ


今回は、WordPressのプラグイン
【UpdraftPlus】で簡単にバックアップできたので、
ご紹介したいと思います。

【UpdraftPlus】のインストール

WordPressにログインします。

プラグイン➡新規追加

キーワードの横に「UpdraftPlus」を入力し、Enter
UpdraftPlus02

「UpdraftPlus」が表示されたら

今すぐインストール」をクリック

インストールすると、「有効化」に変わるので
その「有効化」ボタンをクリック

UpdraftPlus03


【UpdraftPlus】の設定

先ほどの「有効化」ボタンをクリックすると
下記の画面になります。

UpdraftPlus04

設定」をクリックします。
UpdraftPlus05
また、「設定」➡「UpdraftPlus バックアップ」
からでも同様となります。

今すぐバックアップ」をクリック

バックアップは、データベースも全てのファイルもしたいので、
デフォルトのチェックのまま、「今すぐバックアップ」をクリック
UpdraftPlus06

設定でバックアップのスケジュールを選択します。

今回は、とりあえず、手動にしました。

保存先を選択します。

今回は「Google Drive」を選択
UpdraftPlus07

リモートストレージの認証

リモートストレージの認証のポップアップが表示されます。
UpdraftPlus08

リモートストレージの認証

完了するための承認手順があるリモートストレージオプションを選択しました:

このリンクをクリックして、Google Driveアカウントヘのアクセスを許可してください
(これがないとGoogle Driveにバックアップすることはできません)

リンクをクリック

Googleアカウントのログイン画面が開きます。

ログイン済だと、アカウントの選択画面となるので、
該当のアカウントを選択します。

「UpdraftPlus」のアクセスのリクエストをするので、
許可」のボタンをクリックします。

Googleドライブのセットアップを完了するために
完全なセットアップ」をクリックします・

UpdraftPlus09

Googleドライブのセットアップを完了するには、下のボタンを押してくださ
い。これにより、サイト○○のUpdraftPlus設定に戻りま
す。これで、バックアップをGoogleドライブに送イ言できるようになります。

成功すると
「成功:Google Driveアカウントを認証しました。」
と画面に表示されます。

UpdraftPlus10

バックアップを実行

今すぐバックアップ」をクリック
UpdraftPlus11

今すぐバックアップ」をクリック
UpdraftPlus12

バックアップが完了したら
既存のバックアップに表示されます。
UpdraftPlus13


まとめ

WordPressのバックアップって
難しそう!

って思っていました。

でも、プラグインを入れると
簡単ですね。

無料のストレージのGoogleドライブがあれば、
誰でも無料で簡単にバックアップできますね。

WordPressは頻繁に更新がありますが、
セキュリティの為、なるべく早く更新した方がよいですよね。

その場合、バックアップしていると安心します。

万が一に備えて
バックアップは必須ですね。

Supported by Rakuten Developers

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です