VALUE SERVER(バリューサーバー)でPHPのバージョンを変更!【WordPress】


valueserver_phpバージョン変更01

WordPressにログインしたら
ダッシュボードでこんなメッセージがでてました。


PHPの更新を推奨

サイトがPHPの安全でないバージョン(7.2.34)で動作していま
す。更新してください。
PHPとは何ですか?サイトにどう影響しますか?
PHPはWordPressの開発や保守に使用されているプログラミング
言語です。PHPの新しいバージョンはパフォーマンスの向上を目
指して問発されており、サイトのパフォーマンスにも良い影響を
与えます。PHPの最低推奨バージョンは7.4です。

早速、PHPのバージョンを変更したいと思います。

今回は、VALUE SERVER(バリューサーバー)で
PHPのバージョンを変更をしました。

VALUE SERVER(バリューサーバー)のコントロールパネル

valueserver_phpバージョン変更02

VALUE SERVER(バリューサーバー)にログインします。

コントロールパネル左メニューの「ドメインの利用」

→「PHPのバージョン設定」をクリック


PHPのバージョン設定画面

valueserver_phpバージョン変更03

ドメインの右にあるプルダウンよりバージョンを選択

「PHP設定」のボタンをクリック

ドメイン毎に設定できるので、確認しながら一つずつできますね。

PHPのバージョンを選択

valueserver_phpバージョン変更04

変更したいドメインの右にあるバージョン選択の箇所をクリックすると
プルダウンします。

今回は、「PHP 7.4」を選択します。

「PHP設定」のボタンをクリック

valueserver_phpバージョン変更05

ドメイン毎のPHPのバージョンを確認してから

PHP設定」のボタンをクリック

PHPのバージョン変更完了

valueserver_phpバージョン変更06

PHP設定」のボタンをクリックすると

画面表示が変わります。

PHPのバージョンの設定を変更しました。

反映には1~5分程度かかります。

戻るにはここをクリックしてください。

リンクをクリックすると
元の画面に戻ります。

まとめ

PHPのバージョンの変更は、
WordPressからできません。

契約しているレンタルサーバーで
PHPのバージョンの設定について
説明しているページを参考にすると
簡単にできると思います。

今回は、VALUE SERVER(バリューサーバー)での
PHPのバージョンを変更しました。

とても簡単にできました。

事前にバックアップすると
よいかもしれませんね。

サーバーを自分で構築されている方であれば、
コマンドで「現在のPHPバージョンを確認」してから、
古いバージョンのPHP を削除

その後、新しいバージョンのPHPをインストール

って大変ですよね💦

レンタルサーバーだと
簡単にPHPのバージョンの変更できて
よかったです。

Supported by Rakuten Developers

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です