「Luminar Neo」買い切り版を買ってみた!AI搭載の画像編集ソフト!使い方は?

本サイトはプロモーションが含まれています

LuminarNeo00
今回は、とっても素敵な写真編集ソフト「Luminar Neo」をご紹介しますね。

前から欲しいなぁと思っていたのですが、
ポイントが消えるので、セール時に慌てて買ってしまいました。

画像編集って時間をかけようと思えばいくらでもかかるもの。

でも、なるべく簡単に少ない時間で品質のよい画像にしたいって思いますよね。

Luminar Neo」さえあれば、誰でも簡単にプロフェッショナルなクオリティの

写真が作れちゃうんですよ!

そんな簡単に画像編集できるの?

この記事の後半に実際使ってみた画像を載せるね

「Luminar Neo」のセール情報

2024年5月27日までなら「Luminar Neo」が14,800円です!
※登録ユーザー限定価格です


Luminar Neo Das umfassende Handbuch【電子書籍】[ J?rgen Wolf ]

「Luminar Neo」は、お値段が結構するので、
セールしている時に購入すると、お得になりますね。

Skylum Softwareってどんな会社?

まずは、この「Luminar Neo」を開発した
Skylum Softwareについて少しお話ししますね。

この会社はニューヨークに本部があって、
プロの写真家とソフトウェア開発者が集まって作られたんです。

数々の賞も受賞しているんですよ。

信頼できるソフトウェアだから安心して使えますね。

「Luminar Neo」の魅力的な機能

Luminar Neo」は最新のAI技術を搭載しているので、こんなことができちゃいます!

ジェネAI機能

ジェネ消去

例えば、写真に写り込んじゃった不要なものを簡単に消去できます。
クリックするだけで、周りのテクスチャを自然に埋めてくれるんです。

ジェネ交換

写真の一部を他の画像に置き換えると、AIが自然に仕上げてくれます。

ジェネ拡大

写真の境界を広げて、もっとダイナミックな風景や肖像画が作れます。

トワイライトエンハンサー

夜明けや夕暮れの美しい時間帯の雰囲気を再現して、
風景写真をさらに魅力的に仕上げられます。

ウォーターエンハンサー

泥だらけの池も、クリックだけでターコイズブルーの輝くプールに変身しちゃいます!

リライトAI

逆光や暗い写真でも、ワンクリックで光を自在に調整できます。
写真がぐっと明るくなるんですよ。

スカイAI

空の色がちょっと気に入らない時でも、簡単に置き換えられて、水面にリアルな反射まで追加できます。

ホコリ除去AI

ホコリや汚れを自動で選んで消してくれるから、細かい作業が苦手な人でも大丈夫です。

縁取りAI

写真のディテールを際立たせて、被写体をもっと引き立たせることができます。

アトモスフィアAI

霧やミスト、霞を写真に追加して、幻想的な雰囲気を演出できます。

AIによる超リアルな太陽光

自然な太陽光を後から写真に追加して、光の強さや色合いも調整できちゃいます。

拡張機能パックも豊富!

Luminar Neo」は、さらに多彩な機能を使える拡張機能パックもあります。

・ スーパーシャープAI
・フォーカススタッキング
・AI背景削除
・アップスケールAI
・ノイズレスAI
・HDRマージ
・マジックライトAI
・パノラマ・スイッチ

「Luminar Neo」操作はとっても簡単!

初心者でも使いやすい操作画面で、わずか3ステップで印象的な写真が完成しますよ。

1. 写真を追加する: 写真をカタログに追加して、すぐに編集できるようにします。

2. 写真編集: AI編集機能やプリセットを使って、写真を美しく仕上げます。

3. 仕上げる: 完成した写真を保存します。

「Luminar Neo」動作環境

わりと動作が重くなりやすいので、推奨のスペックのパソコンをお勧めします。

macOS

Macモデル: MacBook、MacBook Air、MacBook Pro、iMac、iMac Pro、Mac Pro、Mac mini(2010年初期以降)
プロセッサ: Intel® Core™ i5以上
OS: macOS 10.14.6以降
RAM: 8GB以上(16GB以上推奨)
ディスクの空き容量: 10GB以上(SSD推奨)
ディスプレイ: 1280×768以上
インターネット接続: 必須

Windows

ハードウェア: マウスまたは類似する入力デバイスを備えたPC
プロセッサ: Intel® Core™ i5以上、AMD Ryzen™ 5以上
OS: Windows 10 バージョン1909以上(64-bit OSのみ)
RAM: 8GB以上(16GB以上推奨)
ディスクの空き容量: 10GB以上(SSD推奨)
ディスプレイ: 1280×768以上
グラフィックス: OpenGL 3.3以降対応
インターネット接続: 必須

引用:Luminar Neo

「Luminar Neo」使ってみた!

Luminar Neo」にサンプル画像があったので、

実際にその画像で編集してみました。

元の画像と比較しやすいので、どう変わったかをすぐ確認できますよ。

サンプル画像1

サンプル画像を開くと、どのように編集したらよいか
ヒントがありますよ。

「試す」で実際に編集してみると、簡単に画像編集できました。

最初はやはりチュートリアル的なものが必要なので、
この機能は、うれしいですよね。
LuminarNeo01

変更後は、こんな感じの画像になりました。
違いがわかるでしょうか?

スーパーコントラスト、太陽光線、風景写真の機能を使いました。
LuminarNeo02

調整前と調整後がすぐに確認できます。
画面を切り替えなくてすむので、よい機能です。

LuminarNeo03

サンプル画像2

ドラマチック、カラー、スカイAIの機能を使いました。

LuminarNeo04

サンプル画像3

スカイAI、ムード、補正AI、縁取りAI、現像の機能を使いました。
LuminarNeo05

サンプル画像4

光沢、フィルムグレイン、ハイキー、白黒の機能を使いました。
LuminarNeo06

サンプル画像5

LuminarNeo07

補正AI、階調、フェイスAI、ポートボケAIの機能を使いました。

LuminarNeo08

サンプル画像6

LuminarNeo09

神秘的、補正AI、スカイAIの機能を使いました。

LuminarNeo10

最後に

意外と簡単だったでしょうか?

写真編集ってすごく難しいと思っていました。

Photoshopの本って分厚くて、書店にたくさんありますよね。

本を見ながら勉強するのは、もちろん大事な事だと思います。

でも、もう少し気軽にできるのが、「Luminar Neo」.

これで、簡単にプロフェッショナルな写真編集ができちゃいますね。

Supported by Rakuten Developers

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。