Slackのアカウントを解除してみた!簡単?わかりにくい?


Slackアカウント解除00

何年か前にPTAの委員長になってしまいました。

PTAの委員長になりたくなかったのに、くじで残念ながら決まってしまいました。

PTAって大変って聞きますよね。

思ったより、想像の10倍以上大変でした……

それも委員長になったからです。

PTAの委員の人たちとLINEでグループを作って、情報を共有したり、連絡したり

また、PTAの委員長は、PTA役員の方たちとも連絡しないといけないのです。

そちらは、LINEではなく、Slackでした。


10年前のPTA活動の場合、メールだけだったんですけどね

LINEは、さすがにアカウント解除はしないのですが、

Slackはさすがにもう使わない可能性が高いと思いました。

今回は、Slackのアカウントを解除してみたいと思います。

Supported by Rakuten Developers

Slackのアカウントを解除する方法は?

Slackにログイン

Slackアカウント解除10

まずは、Slackにログインします。

プロフィール

右上の「プロフィールアイコン」をクリック

Slackアカウント解除01

メニューから「プロフィール」をクリック

Slackアカウント解除02

アカウント設定

「ステータスを設定」の右の「」をクリックしてから、「アカウント設定」をクリック

Slackアカウント解除03

Slackアカウント解除04

アカウント解除

下にスクロールして「アカウントを解除する」をクリック

Slackアカウント解除05

アカウント解除2

アカウントを解除する

この変更は即座に適用されます。このワークスペースに再度加わりたい場合は、ワークスペースの管理者にアカウントを再び有効にしてもらう必要があります。アカウントが有効になると、あなたのメッセージとファイルは安全に保管されます。あなたが所属している他の Slack ワークスペースは、この変更によって影響を受けることはありません。

注意: メールアドレスまたはユーザー名を変更したいだけの場合には、アカウントを無効にしないでください。

はい、アカウントを解除します」をクリック

Slackアカウント解除06

アカウント解除3

アカウントを解除する
本当にアカウントを解除しますか?

はい、アカウントを解除します。

はい、アカウントを解除します。」をチェック

Slackアカウント解除07

アカウントを解除します」をクリック

Slackアカウント解除08

アカウント解除の連絡

アカウント解除のご連絡
あなたのアカウントは解除されました。

Slack のご利用ありがとうございました!

このページを閉じる、または Slack.com をチェック

Slackアカウント解除09

Slackのアカウントが解除されましたね。

意外と簡単でしたね。

でも、プロフィールの箇所からアカウント解除するのは、少しわかりにくいかもしれませんね。


最後に

アカウント解除はワークスペースから退室することなのですが、

実は、プロフィール情報が残っている状態です。

嫌だなと思ったのですが、調べてみると

ワークスペースのオーナーに連絡して、
プロフィール情報を削除してくれるよう依頼しないといけないそうです。

ちょっと大変ですよね。

Supported by Rakuten Developers

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。