Unityで開発を始める~制作準備 宴~


何度もくじけて、挫折したアプリ開発。

ゲーム作ろう!

いや、ツールの方がいいかも。

ツールってどんなツール作ればいいの?

と、悩んだあげく、再び、ゲームのアプリ開発を行うことに決めました。

三日坊主ならぬ一日坊主にならないように、ブログ更新しようと思っています。

さて、続くかどうか……


Supported by Rakuten Developers

Unityのインストール準備

Unityのインストール

「Unity」は公式サイトからダウンロードできますよ。

無料の初心者向け「Personal」は、

収入ならびに資金調達(自己資金を含む)の合計が年間 10 万ドルを超えない場合に使用できます。

Unityの動作環境

OS:Windows 7 SP1 以降、8、10(64 ビットバージョンのみ)、macOS 10.12 以降

CPU: SSE2 命令セットをサポート

GPU:DX10(シェーダーモデル 4.0)の性能を持つグラフィックスカード。

その他の要件は、プロジェクトがどれほど複雑であるかによって左右されます。

 

動作環境読んでも???

でも、3年以内に発売されたパソコンであれば、ほとんどの場合は問題なく動くそうです。

しかし、3Dのゲームが作りたい!って人は、高性能パソコンを買いましょう!!

特にグラフィックボードとかメモリは重要です。

私は家族の分を含めて今年3台パソコンを購入しました。

人気のパソコンはどんなものがある?

unityのサインイン

はじめて「Unity」を起動すると、サインイン画面が表示されますよ。

「Unity ID」を持っていない場合は、登録してくださいね。


Unityの起動

Unityのプロジェクトを作成する

Unityのプロジェクト指定画面

プロジェクトって調べると、いろいろでてきますが、Unityでのプロジェクトは、ゲームに必要なプログラムや画像、音楽を入れておくものです。

一つのゲームは一つのプロジェクトであると言えますね。

「Unity」を起動すると、プロジェクト作成画面が表示されます。

その時、新規でプロジェクトを作成する場合、「NEW」をクリックしてくださいね。

プロジェクト名、保存場所は、必ず「半角英数字」を使って下さい。

日本語が含まれていると、正常に機能しない場合がありますよ。

「Create Project」のボタンをクリックすると、プロジェクトが作成され、「Unityエディタ」が表示されます。

Unityのエディタ画面

宴を購入する

「宴」は「アセットストア」から購入できますよ。

私の場合、クレジットカードではなくPayPalで購入しました。

 

なかなか購入するのは、私にとってハードル高かったのですが、

ちょうど購入時期が半額セールだった為、これはチャンスと思って、

慣れないペイパルで購入しました!

 

宴をインポートする

Unity 宴 インストール

購入が終わると、「宴」を「インポート」します。

[Ctr+9](Command+9)を押下して、宴を検索してくださいね。

ダウンロードが完了したら、「インポート」ボタンを押下します。

Unity 宴 インポート

そうすると上記の画面が表示されます。

「Sample」「SampleOthers」はサンプルゲームの確認時必要ですが、

ゲームを作成する場合は、必要ないのでチェックをはずします。

右下の「Import」ボタンを押下すると、宴のインポートが始まります。

インポートが終わると「Project」ウィンドウに「UTAGE」フォルダが表示されます。

Unity 宴

 

宴を練習してみる

宴の練習

とりあえず、excelシートを変更して、文章を変更してみました!

さぁ、新たなゲームが作れるかなぁ?

脱出ゲームとか作ってみたいけど、難しいかな。

 

Unityの宴の書籍は?

Unityの宴の書籍が発売されています。

私も購入したのですが、販売できるアプリを作るのであれば、かなり重要な話が記載されています。

本のページ数以上の補足説明のPDFファイルをダウンロードできます。

「サブルーチン」「マクロ」、デバッグメニュー、ミニゲームの作成など、勉強になりました。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です