2Dアニメソフト「Moho Pro」をセールで買って試してみたよ

moho_pro

2Dアニメーション制作ソフトとは?

2Dアニメーション制作ソフトは、コンピューター上でアニメの動画データを作るソフトウェアです。
2D以外に3DでCGアニメを作るソフトウェアもあります。

2Dアニメソフトウェアはどんなものがある?

MOHO(英語版)
Smith Micro Softwareが開発しているアニメーション制作ソフトである。当初はロストマーブルが開発していた。一時期、名前がAnime Studioとなっていたが、元のMOHOに戻された。「MOHO Debut」と「MOHO Pro」という二種類で発売されている。
Adobe Animate CC(アドビ・アニメート)
旧Adobe Flash Professional。ベクターベース。Adobe Creative Cloudに付属している。
Adobe Photoshop
アニメーションの作成に対応している。Dope Sheetには未対応。Adobe Creative Cloudに付属している。
アニメの色彩設計、色指定、版権イラストの仕上げと特殊効果のレタッチにも使われている。また背景のデジタル彩色と手描き背景のデータ化、撮影用の特殊効果のCG素材を作成することができる。アニメの仕上げ (デジタルペイント) にも使われている。
Corel Painter
アニメーションの作成機能を搭載している、プロ向けペイントソフト。フレームアニメーションのほか、ブラシストロークアニメーションを古くから搭載していたパイオニア的存在。油彩水彩などの表現を得意とし、背景作画などにも使われる。
CLIP STUDIO PAINT EX
セルシスのペイントソフトであるCLIP STUDIO PAINT (通称クリスタ)の最上位版。v1.5.0でアニメーションに対応し、業界標準で使用されていたRETASの後継となった。
東映アニメーション、日本アニメーション、ライデンフィルム、旭プロダクション、神風動画、スタジオコロリド、プロダクション・アイジー、シグナル・エムディ、スタジオ雲雀、クリエイターズインパック、動画工房など多数のアニメスタジオでデジタル作画や動画などに使用されている。クリスタが使われている有名な作品には『ちびまる子ちゃん』がある。
Procreate
iOS用のペイントアプリであり、アニメーションにも対応している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Moho Proとは?

これ1本でアニメ制作できます!
アニメ制作に必要な作画、着色、アニメーション設定、出力をこの「Moho Pro」で作成できます。

Moho Proをセールでお得に購入できる方法

一番お得に購入できる方法は、やはりソースネクストさんで購入するのがよいと思います。

定価だと、9,980円(税抜き)ですよね。
セールの時は、お得に購入できる時もあります。

どうしてもお得に買いたい場合は、ソースネクストさんでセールを待った方がいいですよ。

私が購入した時は、セールで半額くらいになりました!

確実にわかる方法は、ソースネクストさんのサイトの「Moho Pro」のページの「お気に入り登録」をクリックすると、メールで教えてくれますよ。

ガイドムービーは?すぐわかる!「Moho Pro」

「Moho Pro」の使い方を解説するガイドムービーが
発売されていました。

文章だけだとわからない箇所がある場合
動画で説明してもらえると
わかりやすいですね。

Moho Proのポイントは?

お手持ちの静止画を自由に動かせる

自分が書いたイラストや持っている静止画に「ボーン」を設定することで
簡単にアニメーションさせることができます。
イラストは他のソフトで描いたものを読み込むことも、
Moho Pro」の機能で描くこともできますよ。

Photoshop形式を読み込める

レイヤーを保持したまま、Photoshopのファイルを読み込めますよ。
これはすごく便利ですね!

また、Photoshop側で行った変更は、
Moho Pro」で読み込んだファイルにもすぐに反映されるので、
微調整しながら作るってことが可能ですね!

Unityのゲーム開発にも使える

Unityのゲーム開発で使われるFBX形式に対応していますよ。
FBXは、アニメーション2Dおよび3DアセットをUnityで利用できる形式です。

Moho Proの日本語のマニュアルは?

moho_proマニュアル

ソースネクストさんで購入された方は、
マイページでソースネクストさんに製品のユーザー登録すると
ご利用中(ユーザー登録済み)の製品が表示されます!

そこからクリックすると、ダウンロードファイルやシリアル番号の確認
マニュアルがありますよ!

日本語のチュートリアルがあるのが
嬉しいですね。

moho

moho

クイックスタート 2
チュートリアル 1.1:概要 2
チュートリアル 1.2:単純な形状の描画 7
チュートリアル 1.3:複雑な形状の描画 13
チュートリアル 1.4:ボーンのセットアップ 28
チュートリアル 1.5:アニメーション 38
描画 51
チュートリアル 2.1:結合 51
チュートリアル 2.2:穴の開いた形状の描画 59
チュートリアル 2.3:非表示のエッジ 62
チュートリアル 2.4:変化するライン幅 65
チュートリアル 2.5:形状の順序 68
チュートリアル 2.6:ブラシ 73
チュートリアル 2.7:レイヤーマスキング(Proのみ) 78
チュートリアル 2.8:スタイル(Proのみ) 83
チュートリアル 2.9:単純な3D構造(Proのみ)Only) 92
チュートリアル 2.10:3D形状のデザイン(Proのみ) 97
ボーン 104
チュートリアル 3.1:ボーンのバインド 104
チュートリアル 3.2:ボーンの制約 111
チュートリアル 3.3:ボーンの力学 120
チュートリアル 3.4:キャラクターのセットアップ 125
チュートリアル 3.5:フレキシ結合 136
チュートリアル 3.6:強化されたボーン関係の機能(Proのみ) 140
チュートリアル 3.7:ボーンターゲットのアニメーション化(Proのみ) 150
チュートリアル 3.8:ボーンの親設定のアニメーション化(Proのみ) 152
チュートリアル 3.9:親設定からのボーンの隔離(Proのみ) 157
画像 160
チュートリアル4.1:画像レイヤー 160
チュートリアル4.2:画像ワーピング 163
チュートリアル4.3:画像テクスチャ 166
チュートリアル4.4:しゃべっている頭部のアニメーション化(Proのみ) 175
アニメーション 179
チュートリアル5.1:自動リップシンク 180
チュートリアル5.2:音素リップシンク 182
チュートリアル5.3:繰り返し 184
チュートリアル5.4:アニメーションカーブ(Proのみ) 188
チュートリアル5.5:奥行きによるレイヤーのソート(Proのみ) 192
チュートリアル5.5.1:アニメーション化したレイヤーの順序 196
チュートリアル 5.6:アクション(Proのみ) 199
チュートリアル 5.8:3Dシーンの作成(Proのみ) 206
チュートリアル 5.9:基礎物理学(Proのみ) 214
チュートリアル 5.10:フレーム別レイヤーによるアニメーションの制作(Proのみ) 221
チュートリアル 5.11:アニメーション化した形状の順序(Proのみ) 229
効果 233
チュートリアル 6.1:シャドウに関するコツ 233
チュートリアル 6.2:カメラと奥行きの効果 237
チュートリアル 6.3:月と雲の効果 240
チュートリアル 6.4:パーティクル(Proのみ) 242
チュートリアル 6.4.2:カスタムパーティクルジェネレータ(Proのみ) 246
チュートリアル 6.5:パーティクルに関するコツ – 草と群衆(Proのみ) 249
チュートリアル 6:5.2:群衆、パーティクル、および被写界深度(Proのみ) 253
チュートリアル 6.6:あらかじめ作成されているパーティクルエフェクト の使用(Proのみ) 256
チュートリアル 6.7:パーティクルエフェクトの高速化(Proのみ) 259
チュートリアル 6.8:パースペクティブシャドウ(Proのみ) 263
チュートリアル 6.9:3Dモデルの使用(Proのみ) 269
レイヤー参照(Proのみ) 274
チュートリアル 7.1:リファレンスレイヤーの基本 274
チュートリアル 7.2:リファレンスレイヤーの関連付けの切断と更新 277
チュートリアル 7.3:元のレイヤーの関連付けの切断と更新 281
チュートリアル 7.4:リファレンスレイヤーを使用したマスキング 283
チュートリアル 7.5:外部文書の参照 287

引用:Mohoチュートリアルマニュアル

 

Moho Proを試してみました!

moho

チュートリアルのファイルを動かしてみました。
物理演算ができるので、ボールが転がって
ぶつかるとブロックが倒れるんですよ。

これを手動でするのは大変!
Moho Pro」で簡単にお手軽アニメができるのがすごいですね。

Follow me!

2Dアニメソフト「Moho Pro」をセールで買って試してみたよ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    Photoshopの画像を読み込める(ちゃんと読み込むとはいってない)
    それが気になるなら13.5以降を買おう

    1. あおぞら より:

      コメントありがとうございます。

      Photoshopの画像を扱うのであれば、13.5以降なのですね。

      「MOHO PRO 13.5」がセールになって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です