「ピタリ四角」を試してみたよ!スキャナがわり!自炊にも!使い方や評価は?


ピタリ四角
スマホで街にあるポスターや看板、
身近にあるちょっとした書類や絵、
仕事でホワイトボードを撮ることって多いと思います。

でも、撮ったけど、歪んでいませんか?


あかり

ミュージカル見に行ったんだけど、 劇場にあるポスターや看板をスマホで撮ったの


あかり

記念に保存していたいのに、歪んでてなんか嫌!


あおぞら

それなら画像の歪みを直してくれるソフトがあるよ!


しばらく保存したい画像なのに
歪んでいて見づらいってことありますよね?

そんな歪んだ画像を補正してくれるソフトをご紹介したいと思います。

Supported by Rakuten Developers

「ピタリ四角 7」の新機能とは?

「ピタリ四角 7」が2022年4月に発売されましたね。

「ピタリ四角 6」と「ピタリ四角 7」の違いの新機能は気になりますね。

AIが自動で四隅を検出

AIが範囲を自動検出

自動で四隅をAIが認識してくれるなんてすごいと思いませんか。

手動で四隅を設定するのは、少し時間がかかりますよね。

複数の画像を処理したい場合は、この機能は助かりますね。

写真の隅を自然に修復

写真の隅を自然に修復

古いアルバムでテープで貼った四隅の部分も
自然な形で修復できます。

普通であれば、Photoshopなどで画像を修正しないといけないですよね。

それも簡単に修正って難しいです。

目立たない感じで修復できるのは、うれしいですよね。

その他の新機能

➡部分切り取り
➡補正範囲の記録と呼び出し


「ピタリ四角 6」の新機能とは?

「ピタリ四角 6」が2021年2月18日に発売されましたね!

「ピタリ四角 6」の新しい機能が気になりますね。

開いた本の曲面も補正


ピタリ四角 6 開いた本の曲面も補正

本の中身を画像で撮る場合がありますよね?
でも、本は曲がっているので、歪んで撮れています。

でも、今回の新機能では、開いた書籍の曲面も補正ができるんですよ。

便利ですよね。

スキャナーで読み取るのも大変な分厚い本など、
こういった機能があると便利ですね。

その他の新機能

➡自動検出でらくらく範囲指定
➡ツールパネルの改善
➡十字カーソル
➡「こだわりフィルタ」が単独でも使える
➡グリッド表示

「ピタリ四角」とは?

「ピタリ四角」は、撮影する時にどうしても生じる歪みを画像補正するソフトです。
スマホやカメラで撮影した絵や書類、ホワイトボードなどの画像を
真正面からきれいに撮影したように画像補正します。

スキャナ代わりに使えたり、スキャナに入りきらない
大きな対象(例えばポスターや看板)もきれいに処理できます。


「ピタリ四角 7」のダウンロード版をセールでお得に購入できる方法

一番お得に購入できる方法は、やはりソースネクストさんで購入するのがよいと思います。

定価は、4,290円(税込)ですよね。

どうしてもお得に買いたいって時は、
やっぱりソースネクストさんでセールを待った方がいいですよ。

セールだと半額くらいになりますね。

確実にわかる方法は、ソースネクストさんのサイトの
「ピタリ四角 7」のページの「お気に入り登録」をクリックすると、メールで教えてくれますよ。

2022年6月30日まで、セールで53%OFFですね。

「ピタリ四角 」の評判、口コミは?

教育現場で使っています。大型の作品を撮影した後や町中で教材になりそうな掲示板を撮影して、加工するのに便利です。(青森県/工藤 弘樹 さん)
写真を加工するうえで、大変気に入っています。簡単に作業が出来ることは、もちろんですが、それ以上に最後の色合いの編集を簡単に処理してくれて、最高です。(鹿児島県/山口 照幸さん)
会議で提示された資料など写真に残し持ち帰り、編集して議事録として、とても便利に使わせて頂いて居ります。久しぶりに、良い買い物をさせて頂きました。(神奈川県/渡部 哲也さん)
四角になります。スキャナーを使わなくなりました。(兵庫県/加嶋 康人さん)
板書内容をデジタル化できるホワイトボード(電子黒板)の購入を考えていましたが、このソフトで機能もクオリティも十分です。反射の映り込みを避けて斜めから撮影した(おおきく変形した)原画でも、十分復元力があります。(兵庫県/吉岡 英二さん)
いままで苦労していた加工が嘘のように簡単にできるようになりました。(東京都/武田 牧人さん)
大変便利で、重宝しています。( 大阪府/ 寺山 友勝さん)
スキャナーを使うまでもないとか、同様の理由でスキャナーを持ってない場合、手軽な補正でアップロード向きの画像に仕上げる事ができるので便利です。(東京都/坂田 慶一郎さん)
何より手軽に作業できることが満足理由の第一でした。また、この作業は写真の画像処理を実施しているものの一人として不可欠な作業でした。商品開発においてこの目的の商品を世に出されたことは、本当に有意義だと考えています。ありがとうございました。(奈良県/池田 英起さん)
斜めの写真画像を資格に直してくれる機能は、以前からあればいいなと思っておりました。 ただどれだけ正確に拡大・縮小してくれるのか疑問に思って購入していませんでした。 今回使ってみて、ほとんど四角に近い、見た目にもわからないくらいの画像とすることができました。(東京都/西村 真琴さん)
ホワイトボードは撮影するとたいてい台形になってしまう。それをきれいな長方形にして、メール添付して送信するのに重宝します。(神奈川県/上北田 博さん)
デジカメで撮った写真もまっすぐになるなんて うれしいです(岡山県/天野 美知恵さん)
携帯で撮った写真からからでもうまくできるので便利(大阪府/藤原 智也さん)
コピー機やスキャナがもちこめないところでの資料収集に活躍!(千葉県/大矢 雅士さん)

引用:画像をまっすぐ補正「ピタリ四角 7」|ソースネクスト

大型のものなど、スキャナに入らないものを
画像補正するのに便利ですね。


斜めの画像をまっすぐ補正してみた!

ピタリ四角_斜め画像1
以前に買ったクリップスタジオの本を撮ってみました。

ピタリ四角_斜め画像2
画像の歪みが取れました。でもちょっと色が……

ピタリ四角_斜め画像3
画像をワンクリックで簡単補正「クイックフィルタ」を使って
画像をきれいにしてみました。

どうでしょうか?
保存してもよい画像になりましたね。

ビンに貼られているラベルをまっすぐ補正してみた!

こちらの画像のボトルのラベルをまっすぐ補正したいと思います。
ピタリ四角_円柱1

ちょっと斜めなので、傾きを修正
ピタリ四角_円柱2

ボトルのラベルをまっすぐ補正しました。
完全にまっすぐは難しいかな?
でも、色あせてますね。
ピタリ四角_円柱3

簡単補正「クイックフィルタ」を使って
画像をきれいにしてみました。
ピタリ四角_円柱4

どうでしょうか?
ラベルの文字も見やすくなりましたよね。

「Paintgraphic 4 Pro」でも「ピタリ四角」ができる?

実は、画像編集ソフトの「Paintgraphic 4 Pro」でも
「ピタリ四角」のように
斜めの画像をまっすぐ補正ができるんですよ!

「ピタリ四角」のように
瓶のラベルや本の曲面の補正はできないのですが、

斜めの画像をまっすぐ補正するだけなら
「Paintgraphic 4 Pro」の

フィルタ➡デジカメ補正➡ゆがみ補正

で大丈夫かもしれませんね。

まとめ

私は、この「ピタリ四角」がない時に
Photoshopで歪んだ画像を補正しようと試してみたのですが、
難しくてきれいにできませんでした。
(私の技術が悪いのと最新のソフトではなかったからかもしれません💦)

でも、こういった歪みを補正するソフトがあれば簡単ですね。

フリーソフトでMicrosoftがWindows版「Office Lens」アプリを提供していたのですが、
2021年1月1日以降、“Microsoft Store”からダウンロードできなくなりました。

iOS/Android向け「Office Lens」アプリは引き続き利用可能みたいです。

でも、パソコンでしたい場合は、「ピタリ四角」みたいなソフト欲しいですね。

有料なのがデメリットですが、
セール時に上手く購入すると安く買えますね。

スマホやカメラ等で画像を撮ることが多い方には
簡単にできるので、費用対効果を考えると
良いかもしれませんね。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。